「みんなの老人ホーム」TOP > 施設選びのはなし 1ページ目

知って得するはなし
介護施設選びのはなし
ポイント1 立地条件

施設内の設備やサービスだけに目を奪われ、見落としがちなポイントです。
「家族の住まいが近い」「交通の便が良い」「自然が多い」など、入居後の生活を考え、自分の好みに合った環境を選びましょう。
5年先、10年先の生活や、訪問する家族の意見も考慮して検討することが大切です。

ポイント2 施設長・スタッフの対応

人柄や、仕事に対する姿勢などチェック しましょう。働く人の様子はそのまま施設 の雰囲気に直結します。 スタッフの表情、声色、動作全体に注意を してみてください。 挨拶に心がこもっているかどうかという ところでも、その施設のマネジメントの 状態が透けて見えます。

ポイント3 入居者の表情

施設で楽しく生活するために、一緒に生活 する他の入居者も重要なポイントです。 楽しそうにしているか、穏やかな表情をして いるかなど、未来の自分を見る気持ちで チェックしましょう。 食堂や談話室などで、一緒におしゃべりを してみるのもおすすめです。

ポイント4 サービス内容

人柄や、仕事に対する姿勢などチェック しましょう。働く人の様子はそのまま施設 の雰囲気に直結します。 スタッフの表情、声色、動作全体に注意を してみてください。 挨拶に心がこもっているかどうかという ところでも、その施設のマネジメントの 状態が透けて見えます。

ポイント5 料金・費用

入居一時金と月額利用料ですが、施設の立地条件や設備、 医療・看護体制により大きく異なります。また月額利用料には、 光熱費などが管理費に含まれている場合もあれば、別途請求される こともあります。費用面でのトラブルは、経済的な面ではもちろん、 精神的な面でも大きな負担になります。それを防ぐためにも、 しっかりと確認を行いましょう。 料金に見合った施設かどうか、見極めることが肝心です。

次は介護施設の設備について
こんな特集もおすすめ
メールお問い合わせ