「みんなの老人ホーム」TOP > 介護保険制度のはなし

知って得するはなし
介護保険制度のはなし

介護保険制度とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を税源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことです。

メリット

介護保険対象 となる介護サービスを利用する場合、利用者の自己負担額は原則としてサービス料金の1割になります。

対象者

・第1号保険者 65歳以上の要支援・要介護の方
・第2号保険者 40~64歳の方でかつ、特定の疾病により介護が必要と認められた方

介護保険のしくみ

40歳から納税義務のある介護保険や、その他の税収からまかなわれる社会保障費によって、9割の介護保険の費用負担が成り立っています。 被保険者は、介護を必要とする65歳以上の高齢者が主となり、保管者は市区町村となります。

メールお問い合わせ